小冊子「リストラ・解雇の指南書」
小冊子「リストラ・解雇の指南書」

他では入手できないオリジナル原稿です!

15分で学べる小冊子!会社を潰さない!! 社長のための

「 リストラ・解雇の指南書 」


お申し込みはこちら


★ 社員トラブルの現場を15年見続けてきた代表社労士が、長年の経験を踏まえて、書けるギリギリまで書いた力作ですから、書店で購入できないことはもちろん、どこでも手に入らない情報が満載です。

“リストラ・解雇”・・・社長だってそんなことはしたくはない!
しかし、会社を存続させ、なるべく多くの社員と家族たちの生活を守るためには“鬼”にでもなるのが経営者の”務め”というもの。
そんな一大決意で臨む「リストラ・解雇」の”手順・作法” でつまずかず、無難にリストラを乗り越えるための“コツ”をこの冊子でご指南します。


ひとつでも当てはまる方には冊子の確認を強くお勧めします

 □自主退社の際に、退職届を取っていない
 □給料の1か月分を払えば、即日“クビにできる”と思っていた
 □「試用期間」中ならば即解雇できると思っていた
 □合意退職で、第三者への非公開、債権債務不存在の精算条項などを盛り込んだ詳細な合意書を作成していない
 □勝手に出て来なくなった社員には「解雇通知書」をわざわざ送ってしまっていた
 □解雇してしまえば過去の未払い残業代請求権など消滅すると思っていた
 □「勧奨退職」や「合意退職」の意味を知らなかった

36ページ構成で内容はかなり充実していますが、15分ほどで読めてしまいますので、悩み多き経営幹部の方々に参考にしていただきたいと思います。


         【小冊子の目次】
手始めの「リストラ円満対応セルフチェック」

第1章「即、解雇!!」 って、できるの?
−「知らねばしっぺ返し。リストラの重要作法」
−「そもそも退職、辞職、解雇って何が違う?」
−「どうしてもリストラ解雇する場合の注意点」

第2章「作法」を知らずに地雷を踏んだ隣の会社事例
● 事例−1 
自主的な退職の際に退職届を取らなかった
−「後になって『不当解雇された!』と言われ」

● 事例−2 給料1か月分を握らせて堂々と解雇した
−「解雇理由が不当だからと解雇無効に…」

● 事例−3 合意退職させたが合意条項が足りなかった
−「退職後に未払い賃金を請求されることに」

第3章“ 本来のリストラ”と“いわゆるリストラ”
−「5年先を支える人材、20年先を支える人材を
  見据えておかねば危機は繰返される!」


お申し込みはこちら


※『専業税理士』の先生方にはお申し込みいただけますが、社労士、行政書士またはその事務所職員、その他同業と判断できるコンサルタント等の方々はお申し込みをご遠慮ください

※ お申し込みから5日経っても、ご本人確認のメールが届かない場合は、お手数で恐縮ですが、再度ご連絡くださいますようにお願いします。

※ 個人情報については、プレゼントの発送およびこれに関連して必要なご連絡に使用するほか、労務管理のお役立ちメールマガジンの送信、当事務所からのお知らせをご提供する際に使用させていただきますので、あらかじめご了承ください。ただし、法令の定めで許される場合を除いて、ご本人の承諾なく第三者に提供する事はありません。この他、個人情報の取り扱いについては、当事務所プライバシーポリシーを厳守し、適正に行います。

 

 




お問合せ
フレンズコンサルティング
社会保険労務士法人


〒101-0052
東京都千代田区神田小川町2-1-7 日本地所第7ビル3階

フリーダイヤル:0120-606-797
通常TEL:03-5577-3246
併設:フレンズコンサルティング行政書士事務所

メールでのお問合せ



SRP